建設業許可申請、更新、決算変更届、経営事項審査、入札参加申請など建設業 許可関連を専門に扱う行政書士大里が運営するサイトです。

HOME » お知らせ, 経営事項審査について » 平成23年4月1日経営事項審査改正(完成工事高、元請完成工事について)

平成23年4月1日経営事項審査改正(完成工事高、元請完成工事について)

2011/02/25

  • 建設投資の減少を踏まえた完工高(X1点)と元請完工高(Z2点)の評点テーブルの上方修正

★建設投資の減少によりX1点とZ2点の平均点が減少傾向にあり、この傾向は平成22年度はさらに顕著になると予想されます。また、ランクの低下を防ぐため、無理な受注により完工高を確保しなければならないケースがあると指摘されていました。

                               ↓

このため、建設投資の減少に応じてX1点及びZ2点を補正することにより全体としてバランスのとれた評価が行われるとともに適切な競争参加機会・競争環境が確保されることになります。

① 平成22年度の建設投資額の見直しに基づき、平成22年度のX1点とZ2点の予想平均点を算出

② ①で算出した予想平均点を平成20年改正時に制度設計された平均点である700点にそれぞれ修正

③ 修正する際に用いた係数を、X1点とZ2点の評点テーブルの評点に掛け合わせて評点テーブルを上方修正

 

(参考)

  • 建設投資額の見通し:42.17兆円(平成21年度)→約39.32兆円(平成22年度)[6.758%減]
  • 建設投資額の減少額を用いて平成22年度のX1点とZ2点の予想平均点をシュミレーション(x1点の予想平均点687.56点 Z2点の予想平均点608.59点)
  • これら2つの予想平均点が700点ほどになるよう評点テーブルを修正

お問い合わせはこちら

大里行政書士事務所
〒890-0066 鹿児島県鹿児島市真砂町34-6吉永ビル203
電話:099-296-8335
FAX:099-254-6367
メール:info@kensetsugyo-kagoshima.com
営業時間 9:00~20:00 休日:土日祝(メール24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab