建設業許可申請、更新、決算変更届、経営事項審査、入札参加申請など建設業 許可関連を専門に扱う行政書士大里が運営するサイトです。

HOME » お知らせ

お知らせ


平成28年11月1日から法人番号の記載が必要になりました。

2016/11/02

平成28年11月1日より

建設業許可決算変更届出書や経営事項審査の表紙に「法人番号」の記載をする必要があります。

平成29年30年度鹿児島県入札参加申請が始まりました

2016/09/23

平成29年度30年度において鹿児島県からの公共工事を受注されたい方々向けの

入札参加申請(指名願い)の受付が開始されました。

前回登録された業者様には県より案内が届いております。

  • 新規に登録するにはどうすればいいの?
  • うちは入札に参加できるの?
  • 時間がなくて県庁まで資格審査にいけない
  • 添付書類は何をそろえればいいのかわからない

などお困りの方、ぜひお電話ください。

建設業許可専門の行政書士が親身にお応えいたします。

※入札参加申請をするためには経営事項審査を必ずうけている必要があります。

経営事項審査について→

http://www.kensetsugyo-kagoshima.com/cat-3/76.html

解体工事業が追加されました。

2016/06/27

平成28年6月1日より建設業許可29番目の業種としまして「解体工事」が追加されました。

解体工事を施工する場合は、解体工事業の許可が必要となります。(※経過措置あり)

施工日以降、従来、「とび土工工事業」で行っていた工作物解体工事を施工する場合は「解体工事業」の許可が必要になります。

※経過措置

  1. 施工日時店でとび土工工事業の許可を受けて解体工事業を営んでいる建設業者は引き続き3年間(平成31年5月まで)は解体工事業を受けずに解体工事を施工することが可能です。(平成31年6月1日以降は許可が必要)
  2. 施工日前のとび土工工事業に係る経営業務の管理責任者としての経験は、解体工事業に係る経営業務管理の責任者の経験とみなされます。

解体工事業の技術者要件は以下の通りです。

①特定建設業の営業所専任技術者要件

  1. 1級土木施工管理技士
  2. 1級建築施工管理技士
  3. 技術士(建設部門または総合技術監理部門)
  4. 主任技術者としての要件を満たす者のうち元請として4,500万円以上の解体工事に関して2年以上の指導監督的実務経験を有する者

②一般建設業の営業所専任技術者の要件

  1. 監理技術者の資格のいずれか
  2. 2級土木施工管理技士(土木)
  3. 2級建設施工管理技士(建築or躯体)
  4. とび技能士(1級)
  5. とび技能士(2級)合格後、解体工事に関し3年以上の実務経験を有する者
  6. 登録技術試験(種目:解体工事)
  7. 大卒(指定学科)3年以上、高卒(指定学科)5年以上、その他10年以上の実務経験
  8. 土木工事業及び解体工事業に関し12年以上の実務の経験を有する者のうち解体工事業に8年を超える実務のある者
  9. 建築工事業及び解体工事業に関し12年以上の実務を有する者のうち解体工事に関し8年を超える実務のある者
  10. とび土工及び解体工事に関し12年以上の実務を有する者のうち解体工事8年を超える実務のある者

これに伴い経営事項審査につきましても改正がございます。

解体工事業の許可につきましてのご質問・ご依頼は建設業許可サポートセンター@鹿児島 行政書士の大里までご連絡ください。

鹿児島県各市町村にて平成26年27年度の入札参加申請が行われております

2014/02/14

鹿児島県各市町村にて平成26年27年度の入札参加申請が行われております。 皆様ご準備はおすみでしょうか? 鹿児島市…..平成26年2月20日〜平成26年3月20日

平成25年度鹿児島県建設工事入札参加申請

2012/10/24

現在平成25年度建設工事入札参加申請が受け付けられております。

建設業の皆様、届出はお済ですが?

当事務所では入札参加申請を20,000円~で承っております。

入札参加申請の時期です。

2012/02/13

鹿児島市、鹿児島市水道局をはじめ鹿児島県内の多くの市町村で入札参加申請の受付が始まります。
昨年受付が完了していても、鹿児島市と水道局では追加書類の提出受付を行いますので、お忘れなく!

新規で建設業許可の取得をお考えの方へ

2012/02/13

平成24年4月末までの特別価格にて承ります

建設業許可新規申請120,000円をホームページを見てくださった方に限り80,000円にて承ります。
この機会に是非ご依頼くださいませ。

平成23年4月1日経営事項審査改正(社会性Wなどについて②)

2011/04/02

社会性等の見直し項目について

地域防災への備えの観点から、災害時において使用される代表的な建設機械の保有状況を評価することになります。

 

改正方法

  • 評価の対象となるのは、建設機械抵当法第2条に規定されている「建設機械」のうちショベル系掘削機、ブルドーザー、トラクタショベルになります。
  • 評価の方法は建設機械1台につき1点が加点されます。(上限は15点)
  • 売買契約書の写し等で保有状況確認となります。
  • 審査基準日から1年7ヶ月以上の契約期間を有するリース契約を結んでいる場合には、リース機械も台数に合算することができます。この場合はリース契約書の写しを提出して確認となります。

ISOの認証の取得状況が社会性等(W点)の評価項目に追加されます。

多くの都道府県などにおいて発注者別評価点で評価されており、経営事項審査に追加されることにより、受注者、発注者双方の事務の重複・負担の軽減に寄与することが可能

 

改正の方法

  • 評価対象になるのは(財)日本適合性認定協会(JAB)又はJABと相互認証している認定期間に認定されている審査登録機関が認証したISO9001(品質管理)、ISO14001(環境管理)の取得(認証範囲に建設業が含まれていない場合、会社単位ではなく特定の事業所単位での認証となっている場合は除きます)
  • 審査登録機関の認証を証明する書類の写しで確認となります。
  • 発注者別評価点では約8割の都道府県においてISO9000シリーズとISO14001シリーズを同等に評価されていることを踏まえて、各5点づつ経営事項審査で加点評価となります。
  1. ISO9001とISO14001両方取得している場合・・・10点
  2. ISO9001を取得している場合・・・5点
  3. ISO14001を取得している場合・・・5点

平成23年4月1日経営事項審査改正(社会性Wなどについて①)

2011/04/02

地域の下請け企業などに多大な負担を強いる再生企業に対する減点

  • 再生企業は債権カット等により地域の下請け企業などに多大な負担を強いるので、社会性項目(w点)の評価において一定の減点措置を講じるかたちになりました。

改正の方法・・・再生企業については社会性等(w点)において以下の方法で減点評価

  1. 再生(更正)期間中は、建設業者の信頼性等に対する評価の最大値の60点をWから一律に減点になります。
  2. 再生(更正)期間終了後は、「営業年数」評価はゼロ年からスタートになります。
  • 対象になる再生企業は、下請企業等の意思に関わらず債権カットを行う法的な整理(民事再生法、会社更生法)を行う企業が対象になります。
  • 改正後新たに再生(更正)手続きを行う企業が対象になります。(過去にさかのぼっての適用はありません。)
  • マイナス60点の減点となる再生(更正)期間中とは手続開始決定日から手続終結決定日までの期間とします。

[再生(更正)期間中であることの確認方法]

  • 手続開始決定日については、裁判所から送付される手続開始決定通知書で確認
  • 手続終結決定日については、手続終結決定を受けたことを証する書面(官報など)を求めて確認になります。

経営事項審査 新テーブル(X1)

2011/03/01

平成23年4月1日からの新テーブル表です。

年間平均完成工事高(X1) 評点
1,000億円以上 2309
800億円以上1,000億円未満 114 ×(X1)÷ 2千万 + 1,739
600億円以上800億円未満 101 × (X1) ÷ 2千万 + 1,791
500億円以上600億円未満 88 × (X1) ÷ 1千万 + 1,566
400億円以上500億円未満 89 × (X1) ÷ 1千万 + 1,561
300億円以上400億円未満 89 × (X1) ÷ 1千万 + 1,561
250億円以上300億円未満 75 × (X1) ÷ 5百万 + 1,378
200億円以上250億円未満 76 × (X1) ÷ 5百万 + 1,373
150億円以上200億円未満 76 × (X1) ÷ 5百万 + 1,373
120億円以上150億円未満 64 × (X1) ÷ 3百万 + 1,281
100億円以上120億円未満 62 × (X1) ÷ 2百万 + 1,165
80億円以上100億円未満 64 × (X1) ÷ 2百万 + 1,155
60億円以上80億円未満 50 × (X1) ÷ 2百万 + 1,211
50億円以上60億円未満 51 × (X1) ÷ 1百万 + 1,055
40億円以上50億円未満 51 × (X1) ÷ 1百万 + 1,055
30億円以上40億円未満 50 × (X1) ÷ 1百万 + 1,059
25億円以上30億円未満 51 × (X1) ÷ 50万 + 903
20億円以上25億円未満 39 × (X1) ÷ 50万 + 963
15億円以上20億円未満 36 × (X1) ÷ 50万 + 975
12億円以上15億円未満 38 × (X1) ÷ 30万 + 893
10億円以上12億円未満 39 × (X1) ÷ 20万 + 811
8億円以上10億円未満 38 × (X1) ÷ 20万 + 816
6億円以上8億円未満 25 × (X1) ÷ 20万 + 868
5億円以上6億円未満 25 × (X1) ÷ 10万 + 793
4億円以上5億円未満 34 × (X1) ÷ 10万 + 748
3億円以上4億円未満 42 × (X1) ÷ 10万 + 716
2.5億円以上3億円未満 24 × (X1) ÷ 5万 + 698
2億円以上2.5億円未満 28 × (X1) ÷ 5万 + 678
1.5億円以上2億円未満 34 × (X1) ÷ 5万 + 654
1.2億円以上1.5億円未満 26 × (X1) ÷ 3万 + 626
1億円以上1.2億円 19 × (X1) ÷ 2万 + 616
8千万円以上1億円未満 22 × (X1) ÷ 2万 + 601
6千万円以上8千万円未満 28 × (X1) ÷ 2万 + 577
5千万円以上6千万円未満 16 × (X1) ÷ 1万 + 565
4千万円以上5千万円未満 19 × (X1) ÷ 1万 + 550
3千万円以上4千万円未満 24 × (X1) ÷ 1万 + 530
2.5千万円以上3千万円未満 13 × (X1) ÷ 5千 + 524
2千万円以上2.5千万円未満 16 × (X1) ÷ 5千 + 524
1.5千万円以上2千万円未満 20 × (X1) ÷ 5千 + 493
1.2千万円以上1.5千万円未満  14 × (X1) ÷ 3千 + 483
1千万円以上1.2千万円未満 11 × (X1) ÷ 2千 + 473
1千万円未満 131 × (X1) ÷ 1万 + 397

お問い合わせはこちら

大里行政書士事務所
〒890-0066 鹿児島県鹿児島市真砂町34-6吉永ビル203
電話:099-296-8335
FAX:099-254-6367
メール:info@kensetsugyo-kagoshima.com
営業時間 9:00~20:00 休日:土日祝(メール24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab